「BIGBANG」を日本でブレイクさせた芸能事務所社長、佐々木現容疑者(31)を逮捕 覚醒剤と大麻所持

1:2017/04/13(木) 13:54:38.21 ID:
★芸能事務所代表を逮捕 覚醒剤など隠し持った疑い
4月13日 7時51分逮捕されたのは、都内にある芸能事務所の代表で東京・港区の佐々木現容疑者(31)で、
警視庁の調べによりますと、覚醒剤およそ2グラムと大麻樹脂およそ20グラムを自宅に
隠し持っていたなどの疑いがもたれています。

警視庁によりますと、逮捕のきっかけは羽田空港の国際線ターミナルビル内に
覚醒剤の粉末が入った眼鏡ケースが見つかったことで、捜査を進めた結果
佐々木容疑者の所持品だった疑いが浮上し、12日、自宅を捜索したところ、
かばんから覚醒剤が、冷蔵庫から大麻樹脂が見つかったということです。

関係者によりますと、佐々木容疑者は、現在の芸能事務所の前には
韓国の人気アイドルグループの日本での活動の支援などを行う会社の
代表を務めていたということです。

調べに対し、佐々木容疑者は認否を留保しているということで、
警視庁は入手ルートなどを調べる方針です。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170413/k10010946611000.html

関連サイト
YASUI’S CONNECTION – Gen Sasaki

原宿にある『MAD MUSIC』のオフィスには、自由な雰囲気が漂っていた。
さまざまなアートやトイが飾られ、その間を個性的なヘアとファッションのミュージシャンが闊歩する。
代表の佐々木現は、K-POPのスーパースター、あの「BIGBANG」を日本で大ブレイクに導いた人物だ。

「きっかけは、韓国のプロダクションのオーナーとの出会いでした。彼の紹介でデビュー前の
BIGBANGのダンスと歌を見て、僕自身がファンになり、日本でのプロモーションを手伝う
ことになりました。でも1年間レコード会社を回り続けたのに、どこも契約してくれませんでした。
その後、韓国側が資金を出して会社を作りましたが、最初のころは、ドライバーも字幕の
入力も全部自分でやっていました」

時おり、日本語のイントネーションに違和感を覚える。実は佐々木氏は、
18歳まで香港で過ごした帰国子女だ。

https://gqjapan.jp/life/business/20150627/business-gen-sasaki

3:2017/04/13(木) 15:39:14.42 ID:

関東連合?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする